拡がっていく皮膚の傷.com > どこに壊疽性膿皮症はできやすいの?

どこに壊疽性膿皮症はできやすいの?

軽くみないで どこにでもできる 軽くみないで どこにでもできる

もっとも多いタイプの潰瘍型は脚にできやすいですが、膿疱型は頭や胴体、腕、脚、水疱型は肘から先の腕や手の甲、膝より下の脚、増殖型は胴体と言うように臨床像によってそれぞれ異なり、全身にわたっています。
日本の668病院の皮膚科専門医に行ったアンケート調査によると、壊疽性膿皮症がもっとも多く発症したのは下肢(脚)で、約2/3の患者さんは脚に発症することがわかりました。しかし、多くはありませんが体幹(胴体)をはじめ上肢(腕)や顔にできる場合もあることがわかりました1)

アンケート調査による部位別の発現数1)

(n=473)

発症部位 例数
頭部 12
26
体幹 110
上肢 36
下肢 314
性器 20

タイプ別の頻発部位 2)

壊疽性膿皮症・頭・胴体・腕・手・脚・足 潰瘍型 脚の付け根からつま先 膿疱型 頭、胴体、腕や脚 水疱型 手の甲、肘から先の腕、膝から下の脚 増殖型 胴体 ストーマ周囲型

1)Yamamoto T. J Dermatol. 2019; 46(4): e145-146.Table1を元に作成
2)岡 昌宏. 皮膚臨床. 2018; 60(7): 1069-1077.山本俊幸. 日皮会誌. 2020; 130(6): 1439-1448.を元に作成