拡がっていく皮膚の傷.com > どんな人が壊疽性膿皮症になりやすいの?

どんな人が壊疽性膿皮症になりやすいの?

年齢や性別をとわず、何らかの自己免疫疾患をはじめとする基礎疾患(持病)をもっている患者さんが多いです。

軽く見ないで だれでもかかる 軽く見ないで だれでもかかる

壊疽性膿皮症患者さんの年齢について

日本で668病院の皮膚科専門医に行ったアンケート調査では、50〜70歳代が比較的多いですが、20歳代から幅広い年齢でみられました 1)。高齢者に多くみられますが、若い人でも発症する可能性があります。

壊疽性膿皮症患者さんの男女差について

上と同じアンケート調査では、男女比は女性が3割ほど多い結果でした 1)。女性がやや多いものの、男性でも発症します。

壊疽性膿皮症・老齢男性・若年女性・あざ
壊疽性膿皮症・老齢男性・あざ

壊疽性膿皮症患者さんの年齢について

日本で668病院の皮膚科専門医に行ったアンケート調査では、50〜70歳代が比較的多いですが、20歳代から幅広い年齢でみられました 1)。高齢者に多くみられますが、若い人でも発症する可能性があります。

壊疽性膿皮症・若年女性・あざ

壊疽性膿皮症患者さんの男女差について

上と同じアンケート調査では、男女比は女性が3割ほど多い結果でした 1)。女性がやや多いものの、男性でも発症します。

壊疽性膿皮症・潰瘍性大腸炎・クローン病

壊疽性膿皮症患者さんの基礎疾患(持病)について

同じアンケート調査によると、473人の患者のうち238人の方が何らかの基礎疾患(持病)がありました 1)。もっとも多いのは潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患(IBD)です。また、炎症性腸疾患だけでなく関節リウマチや大動脈炎症候群などの自己免疫疾患、白血病などの血液疾患がある患者さんも発症しやすいことがわかっています。

とくに自己免疫疾患をもっている方は、皮膚の異常にも気を付けましょう!

壊疽性膿皮症・潰瘍性大腸炎・クローン病

1) Yamamoto T. J Dermatol. 2019; 46(4): e145-146.